ブログ総合ランキング第1位を目指せ!仕事に美容に健康にメス!

赤ちゃんのお世話は大変

赤ちゃんのお世話は大変です

赤ちゃんのお世話は大変

 

赤ちゃんの世話は誰にとっても大変ですが、いつまでも続くわけではありません。周りの人たちの応援を得て、適度にリフレッシュしたがら辛い時期を乗り越えたいものです。

 

子どもが生まれることは両親にとってはとても嬉しいことです。名前を考えたり、ベビー服を買ったり、ベッドを用意して、その日を楽しみにしているはずです。
ところが、いよいよ待望の赤ちゃんが生まれ、ママの手に抱かれて家に帰って来ると、それまでの二人だけの気まま生活が一変することになります。

 

赤ちゃんは二三時間に一回は起きておっぱいを欲しがり、おむつが濡れるとご機嫌が悪くなり、時には寝つきが悪くて夜でも抱っこしていないと泣き出すこともよくあります。

 

こうなると若いママはもう大変です。かわいいとばかりは言ってはいられなくなります。慣れない育児でくたくた、しかも深夜の授乳やおむつかえで睡眠不足でフラフラになりながら、なかなか寝付かない赤ちゃんを抱っこして途方にくれることもあるでしょう。
母乳が足りているか心配、ミルクを飲んでくれないなどという悩みを抱える新米ママさんもたくさんいます。

 

 

赤ちゃんがご機嫌よく過ごせる工夫

 

赤ちゃんが、おっぱいやミルクをよく飲み、良く寝てご機嫌よく過ごせる工夫はないものでしょうか。育児書を読むと、「赤ちゃんはお腹がいっぱいになればたいては良く寝ます。」なんて書いてありますが、個人差があって、なかなかその通りになりません。
いろいろ試してみてその子に合ったやり方を見つけるのがいいかもしれません。二三時間おきに授乳しましょうと言うのも必ず全部の赤ちゃんに当てはまるわけではなく、一時間おきに飲みたがる子もいれば四時間ぐらいは寝てしまう子もいます。
母乳を勧める病院では、おしゃぶりは良くないと言われることがありますが、むしろ入眠用のおしゃぶりを与えたら良く寝て、ママも休めて助かったという例もあります。

 

 

たいてい3か月たつと落ち着きます

 

昔から赤ちゃんは100日たつと落ち着くと言いますが、確かにかなりデリケートな赤ちゃんも3か月ぐらいたつと、首もすわって抱きやすくなり、おっぱいやミルクの飲み方も安定して、夜も良く寝てくれるようになります。
こうなるとママも一安心です。ママが落ち着きを取りもどすと、赤ちゃんも自然におとなしくなるものです。
本当に大変なのはここまでの三か月ではないかと思います。赤ちゃんは日々成長するもので、いつまでもわけもわからずに泣いてばかりいるわけではありません。そこまでの間は、家事も育児も完璧にやろうなどと思わないで、多少部屋が散らかっても目をつぶり、パパにも手伝ってもらい、できれば祖父母の力を借りてでも何とか乗り切りたいものです。赤ちゃんが時折見せる最高の笑顔はママへの励ましです。

トップへ戻る